ページ

2014年2月26日水曜日

ランナーは健康で太りにくい~その理由は下半身の筋肉~

昔から、老化は足からくると言われてますが、老化と下半身の筋肉に相関関係があることが科学的にも証明されてきています。

私の祖父も元気だったのですが、自転車で転倒して骨折して足を使わなくなってから、一気に元気がなくなりました。


デンマークの研究によると、「太ももの細い人は、そうでない人と比べて短命になる傾向がある」という調査結果を発表しています。


太ももやふくらはぎと中心とした下半身の筋肉は、静脈の血液を上半身に押し上げるポンプの役割を果たしています。


ランナーは、走るから痩せていると思われますが、それだけではありません。


ランニングをすることで、体脂肪率を落とすことができます。

また、太ももやふくらはぎと中心とした下半身の筋肉の量が増え、基礎代謝が上がります。

走ることで、太りにくい体がつくられていくのです。


もちろん、ダイエットにも大きな効果があります。


もし、「今は走っていない」という方でも、健康維持のため下半身を筋肉を強化しておくことが将来の自分のためにもなります。

そんな方に役立つ一冊をご紹介します。


太ももを強くすると「太らない」「超健康」になる


ウォーキングの第一人者で東京学芸大学名誉教授・医学博士の著者が、誰でも簡単に出来る体操法を交えながら健康に効果的な「太もも」を中心とした下半身を強くする方法を伝授。
自己管理必須のビジネスマンから健康に不安のある高齢者の方まで幅広い方に読んでいただける実践的な内容。


走って太ももを鍛えるもよし。

この本の体操で太ももを鍛えるもよし。

0 件のコメント:

コメントを投稿