ページ

2014年3月3日月曜日

マラソン夫婦のすごい記録について

先日、このブログで「ギネス記録更新~夫婦で走った最も速いフルマラソン合計タイム~」のギネス記録についてふれました。

この記録は、同じレースに出場した夫婦の合計タイムですが、こちらのブログにおもしろい記事が載っていたのでご紹介します。

以下、計測工房社長・藤井拓也のブログからの引用です。

ちなみに、「同じレースに出場」という縛りを外して、夫婦の
自己ベストタイムの合計ということでしたら、上には上がいます。
いずれも実業団選手同士の夫婦です。

弘山夫婦 4時間34分33秒 
(弘山勉 2時間11分37秒 / 弘山晴美 2時間22分56秒)
高橋夫婦 4時間36分47秒
(高橋弘一 2時間10分55秒 / 高橋三代子 2時間25分52秒)
大島夫婦 4時間37分19秒 
(大島健太 2時間12分54秒 / 大島めぐみ 2時間24分25秒)

弘山夫婦の記録はなかなか破れないと思います。
(超トップ選手同士の結婚でもない限り・・・)


こうしてみると、いろいろな記録が存在することがわかります。

ちなみに、ヘルシンキオリンピックの長距離三冠(5000m・10000m・マラソンで金メダル)を獲得したエミール・ザトペックは、奥様のダナ・ザトペコワが、同じくヘルシンキオリンピックのやり投げで金メダルを獲得しています。




0 件のコメント:

コメントを投稿